日本人が歯を失う原因第1位~歯周病~

日本人が歯を失う原因第1位~歯周病~

「歯ぐきが赤く腫れている」
「ブラッシングすると血が出る」
「口臭が気になりはじめた」

これらは、歯周病のよくある症状です。虫歯と同じく初期段階では自覚症状がほとんどない歯周病は、気づかないうちにどんどん進行してしまう病気です。進行すると歯周病菌の影響によって、歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされ、それを放置すれば最悪の場合、歯は抜け落ちてしまいます。

実は、日本人の成人が歯を失う原因の第1位が歯周病。もはや他人ごとではありません。大切なのは、早期発見・早期治療です。少しでもお口の中の異変に気づいたら、墨田区都営浅草線「本所吾妻橋駅」からすぐの歯医者「むとう歯科」までご相談ください。

成人の約8割が歯周病にかかっている!?

厚生労働省が発表した「平成23年歯科疾患実態調査」によると、日本人の中ですでに歯のない人を除くと、実に77.3%もの人が歯周病の傾向が見られるという結果が出ています。さらに別の調査でも、歯を失う原因の第1位は歯周病の41.8%とされています。これは32.8%の虫歯を上回る割合を占めていることがわかります。今や歯周病は、私たちにとってこれほどまでに身近な病気なのです。

歯周病(歯肉炎・歯周炎)患者の割合

歯周病(歯肉炎・歯周炎)患者の割合

歯を失う原因

歯を失う原因

あなたは大丈夫?~歯周病チェック~

歯周病は、日常生活の中で自然に気づくことは難しい病気です。以下の項目について身に覚えはありませんか? 改めてチェックしてみましょう。

歯ぐきが赤く腫れている

ブラッシングすると歯ぐきから出血することがある

歯が長くなったような気がする

歯と歯の間にものがはさまりやすくなった

朝起きたとき口の中がネバネバする

硬いものを食べると歯が痛む

硬いものを食べると歯ぐきから出血することがある

口臭が強くなった

歯がグラグラする

歯が浮いている感覚がある

歯ぐきから膿が出る

チェックスタート
チェック数が0個の場合 チェック数が0個の場合
現在、とくに問題はないようです。セルフケアと定期検診を継続し、この状態を維持しましょう。
チェック数が1~3個の場合 チェック数が1~3個の場合
軽度の歯肉炎であることが考えられます。早めに受診し、これ以上の進行を防ぎましょう。
チェック数が4~7個の場合 チェック数が4~7個の場合
中等度の歯周病であることが考えられます。歯を支える歯ぐきや顎の骨が溶けはじめています。これ以上の悪化を防ぐために、できるだけ早く治療を受けましょう。
チェック数が8個以上の場合 チェック数が8個以上の場合
重度の歯周病であることが考えられる危険な状態です。歯を支える顎の骨は半分以上溶けており、このままでは歯は抜け落ちてしまいます。早急に治療を開始しましょう。

歯周病の治療法

歯周病治療の基本は、歯周病菌の棲みかとなるプラーク(歯垢)や歯石を取り除くこと。まずは基本治療を行います。それを行っても症状が改善しない場合には、歯周外科治療が必要になります。

歯周病基本治療
ブラッシング指導 ブラッシング指導 歯周病治療では、毎日のご自宅での正しいブラッシングが重要になります。一人ひとりのお口の状態に適した、正しいブラッシング方法を指導します。
スケーリング スケーリング 毎日ブラッシングをしていてもどうしても落とし切れないプラークや歯石を、スケーラーという器具を使って徹底的に取り除きます。
ルートプレーニング ルートプレーニング スケーリングでも落とせない歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の奥に入り込んでしまったプラークや歯石を、キュレットという器具を使って取り除きます。最後に歯根面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を予防します。
歯周外科治療
歯周ポケットそうは術 歯周ポケットそうは術 局所麻酔を行ったうえで、歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石、また感染した歯肉組織を取り除きます。
フラップ手術 フラップ手術 局所麻酔を行ったうえで歯肉を切開し、歯根を露出させて、プラークや歯石、また感染した歯肉組織を除去します。最後に歯肉を縫合して終了です。
再生療法
(保険適用外)
再生療法(保険適用外) 歯周病の進行によって失われてしまった歯周組織の再生を促す治療です。使用する薬剤や治療法には、さまざまなものがあります。

Web診療予約はこちらをクリック電話番号03-5619-4618)