悪化した虫歯を抜歯から救う治療~根管治療~

悪化した虫歯を抜歯から救う治療~根管治療~

虫歯は、重度にまで症状が悪化すると、従来では抜歯するしかありませんでした。しかし歯は1本でも失うと、空いたスペースに隣の歯や咬み合う歯が迫ってきて、歯並びや咬み合わせを乱してしまいます。その結果、さらに歯を失うなど次のトラブルを招いてしまうことがあります。

そこで近年、重度の虫歯治療から抜歯を回避する根管(こんかん)治療が行われるようになりました。根管治療とは、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管を、根管という細い管から取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒する治療です。根管はとても細く複雑な形をしているため、医師にとっても技術のいる難しい治療になりますが、確実に行えれば抜歯せずに歯を残すことができるかもしれません。

都営浅草線「本所吾妻橋駅」からすぐ、墨田区の歯医者「むとう歯科」では根管治療に対応しています。もし虫歯が悪化してしまっても諦めず、まずは当院までご相談ください。

当院の根管治療の特徴

当院では、難しい根管治療を確実に行うために、次のことに取り組んでいます。

拡大鏡の使用
拡大鏡の使用

根管はとても細いうえに複雑な構造になっていますが、従来では医師の経験や勘に頼るしかなく、そのため再発・再治療のリスクがどうしても高くなっていました。

当院ではそのようなことがないよう、根管治療に、最大10倍まで拡大して見ることができる拡大鏡を使用し、根管を内部までしっかり確認し、精密な処置を実現しています。

患者さんに合わせた治療計画

根管治療はとても複雑な治療になるため、どうしても治療回数や期間が多くなってしまいます。そのため通院が難しくなり、治療を中断されてしまう方がいますが、それでは救えたはずの歯も失うことになってしまいます。

当院ではそういった事態を避けるため、1回の治療時間を長く確保して通院回数を減らすなど、患者さん一人ひとりのご都合に合わせて治療計画を立案。最後まで無理なく通院していただけるよう配慮しています。

患者さんに合わせた治療計画

根管治療の流れ

STEP1
神経・血管の除去
STEP2
根管の深さの計測
STEP3
洗浄
STEP1神経・血管の除去 STEP2根管の深さの計測 STEP3洗浄
拡大鏡を用いて根管内を確認しながら、死んでしまった神経・血管を残らず取り除きます。 専用の器具を用いて、根管の深さを正確に計測します。 細菌が残らないよう、根管の内部を徹底的に洗浄します。
STEP4
消毒
STEP5
薬剤の充填
STEP6
土台構築・被せ物の装着
STEP4消毒 STEP5薬剤の充填 STEP6土台構築・被せ物の装着
虫歯菌が残らないよう、さらに消毒します。 すき間ができないよう注意しながら、根管の先端まで薬剤を充填します。 残った歯根の形を整えて土台を構築し、その上に被せ物を装着して治療は完了です。

~根管治療でも歯を残せなかった場合には~

根管治療を行っても、どうしても歯を残せなかった場合には、入れ歯やインプラントという治療方法があります。歯の機能を回復することは、美味しく食べること、楽しく会話することにもつながります。諦めずにできるだけ早く治療を受けましょう。当院では一人ひとりに合った治療法をご提案しますので、じっくりご相談を重ねてよりよい治療を実現しましょう。

Web診療予約はこちらをクリック電話番号03-5619-4618)